FC2ブログ

masa-coのリハビリ奮闘記 その5

こんばんは。masa-coです。
毎日暑い日が続いてますが、皆さんお元気ですか?
 
今日はちょっと辛いお話と、希望の未来のお話をさせて頂ければと思いますm(_ _)m良ければ、また、最後までお付き合いください。
 
さて、私はどうにか入院中に掲げた目標を達成して、退院し、次は走れるようになるために、プールリハビリをスタートさせました。
 
運動機能は少しずつでも、回復していきます。は、いいんですが。。。
 
壊れた脳は、なかなか、回復してくれません。。。残念ながら(/_;)/~~
 
で、脳梗塞でよく起きる変化 
「性格変化」
 
残念ながら、私の脳でも起きてしまったと最近はっきりとわかるようになりました。。。
 
昔は、私、こんなんじゃなかった。
 
どーでもいいと思ってたこと。
くだらないと思ってたこと。
普通に許せてたこと。
興味もなかったこと。
 
そもそも、私は、滅多に誰かに対して
意味もなく怒ったりする人間じゃ
ありませんでした。
 
そんな事に対して
 
感情がむきだしになる
訳もなく泣く
暴走が止まらなくなる
 
みたいな事が最近はよく起こるようになりました。。。(/_;)/
 
理性で分かっているから余計に辛い。
理性より壊れた脳が勝ってしまうし、それが自分で分かってしまったから、
 
余計に辛い
 
同じ経験してる方々、多いと聞きます。。。
 
本当にごめんなさいm(_ _)mです。。。
 
生きていること事態が恥ずかしくなります。あー!あん時死んどけば良かった
 
とか、よく思いますm(_ _)m
 
それに加え最近は、過呼吸発作が数回起きました。
 
いつも、一人の時に起きるので「誰も居なくて良かった」と思います。それがせめてもの救いです。
  
自分の変化に絶望してる人、多いと聞きます。私も今、その一人。
 
でもね、それがきっかけで人生を大成功させた方のお話を読んだ事を、今久々に思い出しました。
 
さて、これからは、希望の未来のお話です♪
 
その方も、生きてるのが恥ずかしいと思われていたそうです。
 
周りに迷惑かけることも辛くて仕方なかったそうです(気持ち、良く分かります。。。)
 
そして、フリーランスの道を見つけ、独立して大成功させたそうです。

まさに「ピンチはチャンス」ですね。
現状は受け入れるしかありませんが、(というか受け入れること事態が辛いですけどね。。。)
 
マイナスはひっくり返すとプラスになります。
 
生活に余裕が出来、プラス、「軽い頭の体操」を毎日なさってたその方は、ある程度感情をコントロール出来る様になったそうです。
 
今は、周りの方々との関係も円滑に出来るようになったそうで、幸せな人生を過ごされてるそうです。
 
 
頭の体操とは、難しいことをやるんじゃなく、簡単な「考える」ことを毎日するだけです。
 
リハビリ中、習ったことですが、人間は「考える」事を毎日するだけで、行動的になれ、
 
疲れた時に「考えない」事をすると、脳がリセットされ、明日の原動力に繋がるそうです。
 
 
さて、どうにか、走れるようになったころ、とあるFacebookのお友だちの写真家さんにこんな依頼を受けました。
 
※これからの話はSさんに許可を得て、書かせて頂いていますm(_ _)m
 
『二回目の脳梗塞を起こしてしまわれたお友だちのSさんと仰る方が、とても今辛そうで、
 
みんなで何とか励ましたりしてるんだけど、なかなか耳を傾けてくれない、
 
同じ経験をして復帰をしてる貴女なら、話を聞いてくれるかもしれない、
 
彼に復帰してもらえる様に、何とか話して貰えないだろうか?』
 
要約すると、そんな内容の依頼でした。
 
それで、メッセンジャーで声をかけてみました。3日目位だったかな?お返事をくださいました。
 
そこで、ふと、成功したその人のお話を思い出しました。
 
そう言えば私、言葉のリハビリで『思い出す訓練』をずっとやってたのを思い出しました。
 
例えばこんなの。
 
『丸と聞いて思い付くものを10こ位いってください』
 
『黄色と聞いて思い付くものを10こ位言ってください。』
 
制限時間は5分。
普通の人は15個位思い付くそうです。
 
最初、私は3つ位でした。
次の日は7つ思い付きました。
 
毎日お題が変わります。なんとなく、『明日はなんだろう?』って、ちょっと楽しみになっていきます。
 
そうだ!これをSさんに毎日出していこう!
 
そう思い、毎日二人でリハビリしませんか?と提案し、Sさんも、快く承諾してくれました♪( ´∀` )b
  
半年くらい、ほぼ毎日違うお題を考えて、Sさんにメールを送りました。
 
そして、とうとうSさんより嬉しいお返事が!( ;∀;)
 
会社に体験出社しました!と!!!Σ( ̄□ ̄;)マジですか!?って感じです。
 
やったー!!( ;∀;)と思いました。 
正直、めっちゃ、嬉しいです!!
 
勿論、100%Sさんの努力の賜物です。
しかも、私は
『毎日違うお題を考える』

『そのお題に答える』
と言う2倍のリハビリをさせて頂けてました。
 
今考えると、その頃は確かに、感情をある程度コントロールできてたような気がします。
 
ここで大切なのは『簡単な事』ということです。
 
これもまた、別の本で読んだお話。
壊れた脳でも、毎日簡単な事を考えようとするだけで 
 
他の脳がそこをカバーしようとするそうです( T∀T)人間の体ってすごい~( ´∀` )b 
  
 
Sさんが社会復帰をされて、今思うことがあります。
 
臨死体験で『まだやることあるから帰れ』とあの世(のイケメン?(笑))から追い返されたやることって
 
こんな事だったのかなぁ?と。。。
 
 
そこでご提案!
 
リハビリで苦しんでる人、
リハビリを諦めてる人、
『性格変化』に苦しんでる人、
頭の体操がしたい人、
 
もし、良ければ私と一緒にリハビリやって頂けませんか?(^ー^)と言う提案です。
 
今、私は再度自分のリハビリを兼ねて、再度『簡単なお題』を出して、それに答える
 
をやっていって、ある程度の『性格変化』に対処して行けないかの実験をしたいと思っています。 
 
一人でやるのつまらないから、一緒にやってくれる人いたら、
 
この指とーまれ!( ´∀` )bって提案です。
 
その名も、
『デイリー頭の体操365本ノック!(笑)』
 
只今、絶賛?準備中です(^ー^)恐らく10月後半位から?かな?と。
 
 
あと、これは、カウンセラーさんに習った事ですが、マイナス感情が続いてしまう時は、 
 
昼間の太陽にあたり、
大自然で思いっきり体を疲れさせ、
夜ぐっすりねむるだけで、
幸せホルモンが沢山増えるのだとか( ´∀` )bお試しあれ!
  
今日もお読み頂きありがとうございますm(_ _)m感謝致します。
スポンサーサイト

masa-coの脳梗塞リハビリ記。その4。

こんにちは(^^)masa-coです。
皆さま、お元気ですか?
 
さて、4回目の今日は「実際に私がやっていたリハビリ」のお話です。
 
まず、最初の市民病院はリハビリ専門の病院ではなかったため、作業療法士さんがリハビリの先生として主に在中されてました。
 
また、お風呂も”自分で入れる人は”入ってもいいよ~的な(笑)
つまり、1か月入る事が出来ませんでした( ;∀;)
 
ただ、清拭と言って、看護師さんが体を拭きに来てくれていました(ありがたや~( ;∀;))
 
そんなこんなのリハビリ期には『急性期』と『回復期』がありました。
 
急性期とは、『体の機能回復を妨げない』為にする運動の事。
マヒしているからと言って、そのまま動かさないでいると、本当に動けなくなっちゃったり、変形したりするらしく・・・( ;∀;)
 
なんでもいいから、とにかく毎日動かしましょうね~!って期間だと作業療法士の姉に教わりました。
 
・・・とはいえ・・・
麻痺してるんだから、動かしようがない訳で・・・( ;∀;)
どうやって動かせっちゅーんじゃい!!みたいなね(笑)
 
いや、本当に麻痺した手足、動かそうと思っても、動かせないんですよこれが( ;∀;)
本当に面白いくらい動かせません(笑)
  
で、3日間くらいは途方に暮れていたわけです。。。
 
その間、毎日看護師さんたちから聞かれていた言葉があります。
「ここはどこですか~?」
「貴女のなまえはなんですか~?」
「今日は何月何日何曜日ですか~?」
 
12月の年の暮れに入院した私、ちょうど本日よりリハビリ室が翌年7日までお休みですよ~って日に入院し(笑)考えてみれば、これが最初のリハビリだった様に思います。

入院して4日目位だったでしょうか。ふと思いました。
「そっか!左手!!」
 
そうなんです。私は全身不随ではなく、半身不随。
つまり「左手、左腕」は動かせるわけです。
 
なるほど!!と思いついた運動が”左手で右手を持って動かす”と言う
(と言うか、左手で右手を持たなきゃ動かせないとも言う。。。(笑))
 
まず、左手で右手を持って、右指を持って一本ずつ折り曲げしてみました。
動かし方を忘れた右腕は、左手を離すと下にポトンと落ちてしまいます(笑)
 
心の中で「動け~、動け~!思い出せ~!貴女は昔、ちゃんと動いいてたんだからさー!」
と念を右手に送りながら(笑)折り曲げしてました。
 
これを3日位繰り返した次の朝、なんと!?
右指の一部がうごいてるじゃあーりませんか!?マジか!?
 
凄い!この子(右指)思い出してくれた!!(;'∀')
本当に自分の意思で動かせる指に、言いようのない感動を覚えた私。
まるで、一瞬すべてが回復したかの様な気分です。
 
それから、毎日少しずつ指が動くようになった私、次は腕だと思い、右手で左腕を持って毎日頭の上から振り下ろす動作を繰り返し、ようやく腕が(かろうじて?)動くようになりました(^^)/ヤッター!これで物をつかむ動作ゲットです(笑)
 
一瞬、すべてが上手くいってる様な錯覚を起こしましたが、さて、ここからが大変です(笑)
 
漸く7日になり、リハビリがスタートしました。
最初に平行棒の上を6歩歩いて、体力尽きてダウン。
 
次の日からは歩くのと、手の動作のリハビリも加わります。
それが、こんな器具を使ったリハビリでした。

物を右から左に移動させるという、『何が難しいの?』って話ですが、なにせ体力がないんです。。。どうしようもなく疲れるんです。。。はぁはぁと息切れするんですねこれが( ;∀;)
 
更に難しいのが「空間作業」です。こんなのが壁にかかっています。

これを右を引き抜き、左の穴にはめ込むという。。。

台の上に手を付けるのならまだましです。台の上から離れて空気中で動右から左に物を動かす!
これ・・・こんなに難しいのか( ;∀;)と思うほど大変です。
 
そんなこんなで1か月、なんとか歩行器で歩けるようになり、何とか指と腕と足が『そう言えば、私たち動けたんだったっけ~?(;'∀')』みたいな事を思い出してくれました(笑)
市民病院の最後の日、看護師さんが足を洗面器で洗ってくれました。。。
あの足湯は今でも忘れられないほどの、極上の体験でした。(:_;)看護師さんありがとう。。。

それから、リハビリ専門病院へ転院しました。
 「あそこは厳しいから覚悟しておいた方が良いわよー」と散々看護師さんから脅され?ていた通り(笑)徹底したリハビリを受けました(笑)
 
リハビリ専門病院では、手のリハビリ(作業療法士さん)が1時間、足のリハビリ(理学療法士さん)が1時間、言葉のリハビリ(言語聴覚士)が1時間の毎日3時間のみっちりコース!

80歳や90歳の車いすだったお年寄りが、いつのまにか杖をついて歩いている!?( ;∀;)と言うスパルタ病院でした。
 
おかげさまで今の私がいるので、大変感謝していますm(__)m

最初に「ここまでは出来るようになりたい」と言う目標設定をします。
手のリハビリは「パソコンが打てる様に」
足は「歩行器から杖に変わり、階段の上り下りとお風呂の湯船を跨げる様に」
これを目標に立てました。
 
言葉のリハビリは、最初、絵を見せられ、その絵が何なのか?を答えると言うものでした。
 
犬の絵を先生が指さし、『これは何ですが?』と聞かれるのですが、7秒程悩んでしまいます( ;∀;)いくつもの絵を指さされ、答えたり悩んだりしたのですが、アスパラガスはとうとう出てきませんでした(笑)それが初日でした。
 
ここからがまた試練でした。暫く一向に良くならず、ある日ぺこんと凹んでいると、前回書いた、知り合いのバーテンダーさんからのメールが届きました。

「スペイン語でちょっとずつって、なんて言うかしってます?
ぽこ あ ぽこ って言うんですよ?
ぽこ あ ぽこ で生きましょう^^」
この一言が私の焦っていた気持ちを落ち着かせてくれました。

そう、この病気は
いきなり、一気に良くはなりませんが
ちょっとずつしか、良くならないけれども
ちょっとずつなら良くなっていく病気なんだ!!( ;∀;)
 
と。。。
それから、私のリハビリの意識が変わりました。
昨日より1歩歩けたら成功!
昨日より1ミリ長く線を引けたら成功なんだと考え方を変えました。
そこから、停滞していた私のリハビリは、どんどん成果を上げて行きました。

手のリハビリは、家からノートを持って来て貰い、まっすぐに線を引く!と言う難関に挑戦(笑)
これ・・・出来ないんです( ;∀;)
 
右に行けば行くほど、力が無くなり、か細くなり、消えていく的な。。。
しかも、まっすぐ引くと言うのは至難の業です。結構難しいんです。 
そんな人の最高のリハビリグっズが、塗り絵です。

なるほど、まっすぐ線も引けるし、常に指に力入れないといけないし、腕も動かせるし

うん!これは確かにすごいリハビリグッズみたいです。 
そして、どうにかこうにか、文章と言うものが書ける様になった写真がこちら(;'∀')
1402924039657.jpg
 
手のリハビリはお手玉やビー玉なんかも使いました。
運転をすることを見越して、反射神経を鍛えるボードを使いました。そしてパソコンで文章を書くのですが、右と左のスピードが違う為、ブラインドタッチしてるつもりでも、考えてる文字と違う文字が出てきてしまうと言う(笑)
 
足は、歩行器から杖へ、そして杖から杖無しへと許可が出たのですが、これまた難しい( ;∀;)杖無しの恐怖は暫く続くものの、なんとか階段の上り下りとまたがると言った動作も出来るようになり
 
どうにか退院へー!(^◇^)ヤッター!
 
今、リハビリで辛い思いしてるあなたにお届けしたい言葉があります。
リハビリ期間って、その時は辛いけど、必ず良くなるための期間だとしんじて、自分を信じて、自分の体を信じて、先生方を信じて、そして
 
・・・必死に頑張る必要なんてないんです。
だってちょっとずつしか良くならないんだから。
 
焦っていたり、辛くなったりした時は、どうか思い出してください。
ぽこ あ ぽこ と言う可愛い魔法の様な言葉を^^
 
昨日より1歩だけ前に歩いてみましょう
昨日より1ミリだけ長く線を書きましょう
そうすれば、本日のリハビリは成功(^◇^
 
どうせ、ちょっとずつしか良くならないんです。
ちょっとずつ、よくなっていきましょう(^^)/
 
今日も最後までお読み頂き、有難うございましたm(__)m
さて、次回はあの世で見知らぬ人にこの世に追い返された(笑)時に言われた「やるべきこと」だったんじゃないか?みたいな事に出会ったお話です。
 
またお付き合い願いますm(__)m

masa-coの脳梗塞奮闘記 その3

皆さんこんにちは。まだまだ暑い日が続いてますが、如何お過ごしですか?
  
三回目の記事は、よく、皆さんから聞かれる言葉、『前兆ってあったの・・・?』って事ですが、
 
私が入院したリハビリ病院は8割り方が脳卒中の患者さん達でした。
 
当然、みんな前兆の話とかするんですけど、で、みんな違うわけですが、一つだけ全く同じ前兆があったのです。
  
10人が10人、同じ事を言いました。
 
『目の前にね、電球をぶら下げてるような感じで、まるでそこだけ神経が避けたかのように真っ白くてそこだけ何も見えなくて、めをつむっても同じなの!!』
 
全員が『あー!そうそう!!それそれ!!』(笑)(^0^;)
 
それを作ってみました。まさにこんな感じです。どこをみてもこんな状態。

脳梗塞前兆

 
通常の光の残像だと、青緑っぽい色でそれを透かしてその後ろの風景が見えますよね?
 
その後ろの風景が見えないんです!?(゜Д゜)
 
この状態のまま車を運転して帰った私(っておいおい、、、笑)きつくて仕方なかったけど、無理やり車運転してなんとかたどり着いたのが3日まえです。
 
皆さん、こんな状態にもしなったら、車なんてほっぽりだして(お前が言うな(笑)(^0^;))
 
仕事なんてほっぽりだして(命が大事!)
 
とにかく病院へ駆け込んで
 
『知り合いで脳卒中なった人がいて、その人と同じ現象が起きてて、とにかく頭がドンキで打たれたかのように割れるように痛いんです!!』
  
とでも言って診て貰ってくださいっ!4時間以内なら薬で散らせるそうです。
 
私の場合、24時間以上たっていたので、回復もリハビリもかかってしまいました。(時間もお金も・・・)
 
でもね、不思議なのはなぜ?発見が遅れたのか?と言うこと。
だって私、3日前に私は2回病院へ行ってるんです。
 
今考えて分かることがあります。私は『首から』詰まってました。意識を失う当日まで『CT』や『MRI』は確かに撮りましたが

『首のエコー』を撮らなかったのです。
そう、首から詰まっていたため、脳の写真だけでは原因が分からなかったと言うことですね。あの時首のエコーをしていたら、原因が判明してたかもしれません。
 
もし、上記の様な症状が現れたら、病院で「首のエコーも撮ってください」と言ってみて下さい。まだこの時点なら薬と点滴だけで済むかもしれません。。。

それから、病院で意識を失った訳ですが、
 
そして、夜中に起きるまで奇妙な夢を見てました。
 
なんだか分からないけれど、下は雲みたいな場所で、周りは綺麗〜な真っ白い光の中に包まれてました。
 
そして、目の前には物凄く大きな門(扉?)がありました。
 
私はその中に入ろうとしたら、ひとりの大きな男の人がいて、その人に包まれました。巨大すぎるその男性(多分(笑))顔なんて見上げても見えません。
 
『お前はまだ来るべきじゃないよ?やるべきことがある。さぁ、お帰り。』
 
それらしきことを言葉ではなく、心に伝えられました(多分ですが、、、)
 
それから目が覚めました。その瞬間!物凄い吐き気と気持ち悪さ、なんだか分からない体のだるさ、きつさ、苦しみが襲ってきました。
 
きつくてきつくて『うーっ!』ってうなってると看護士さんが慌てて来て容器をもってきてくれました。
 
その夢の中の男の人が誰だったのか?
 
(いや、きっとノルウェー人風のイケメンだったに違いない( ´艸`)って、、、そりゃお前のただの好みだろ・・・(笑)σ(^◇^;))
 
も解りませんし
言われた言葉はあまり詳しく覚えていませんが、一つだけ強烈に覚えている『感覚』があります。
 
その夢みてる間中、とにかく
 
有り得ない程の開放感
 
今まで経験した事も無いほどの幸福感
 
もー、苦しみも、悲しみも、寂しさも、辛さも、きつさも、だるさも、
 
それだけではなく、楽しみとか、嬉しさとか、それらからさえも開放された『開放感』
 
唯一、無理やり言葉をつけるとすれば『幸福感』と言うか『心地よさ』
 
あの苦しみの中でです。
 
それからなんだったのか、分からないまま時が過ぎ、ある日ふと見たテレビではっとしました。
 
臨死体験をした人々のドキュメンタリー・・・
  
まぁ〜皆さん似たり寄ったり(笑)(^0^;)
 
ある人は『天使に連れられトンネルの外へ行くと光があった』とか、
ある人はお花畑、
またある人は私と同じ光の中に門があったとか・・・。
そのあとネットでもみてみましたが、やっぱり似たり寄ったり。
 
ただ、皆さん同じだったのは
『今まで経験したことのない幸福感、有り得ないほどの開放感』
だった・・・と言うことで。あぁ、私のはこれだったか!と納得しました(^^;)
 
死ぬってきっとこういう事を言うんだなぁ・・・( ´`)と思った瞬間でもありました。
 
よく、苦しみから開放されるとか言いますよね。まさにこの感覚。
 
皆さんがとにかく今、無事に今日1日を過ごせてる事に感謝<(_ _)>
それが、実は何より幸せなのかもしれませんね(^_-)
 
その『やるべきこと』だったんじゃないか?と思えた出来事の一つに出会えたのは、もう少し後の話になりますが
 
それはまた後程、次回は『実際にどんなリハビリをやったのか?』と言うお話です。
 
日も読んでくださりありがとうございました。_(_^_)_感謝です。
 
そうそう。右手が使えなかった時、このお箸が役に立ってくれました。便利ですよ!

MASACOリハビリ奮闘記 その2

前回の記事に続き、私の入院生活が続くわけですが。。。
これが結構きついもので・・・
 
全く良くならないんです。
 
私の姉は作業療法士なのですが、私のMRI写真を見た感想としては
「筋肉を動かす機能の所が綺麗にやられてたよ」と言いました( ;∀;)っソーナノネー
 
もう正月あける3日位までは、本当に現実を受け入れきれず、兎に角ぼーっと過ごし、正月3が日あけてから、漸く左手でみんなにあけましておめでとうメールの返信をなんとかしたりして
 
毎日、自分の手に『うごけ―! うごけー!!』と念じながら、左手で右手を持ったり右腕を持ったりして動かして、何日か後の朝、起きたら漸く右手の一部が動きました。
 
あ!動いた!!( ;∀;)
と思ったのですが、少しずつしか良くならない・・・。
 
ふてくされて、テレビ見て、眠って。。。の繰り返し。
これじゃいかん!と思い、かろうじて指全体が動かせる様になってボールペンとノートを家から持って来て貰い、文字を書く練習をし始めました。
 
不思議な事に(これ、脳梗塞になった方全員が同じ事を言ったんですが)右に行けば行くほど文字が小さくなる。。。最後はきつくて書けなくなる。。。

不思議でしょ?自分で見てて笑えます(*_*;
2~3文字でペンを置き、きつくてはぁはぁと息切れする・・・
 
先生によると「まずは真っ直ぐ線を引くことが出来るようになってください。それが出来たら、次に左から小さいグルグルを右に向かって書きながら、右に行けば行くほど大きなグルグルを書いてみて下さい。」
 
なるほど!と線を引く練習をすれどもすれども、上手くいかない。。。
 
ある日、ふと私の心の中の悪魔がささやきました。
「もう、やめちゃえば?無理だよ。一生このまま、誰かの世話になってすごしたらいいよ。そっちが楽じゃない?」
 
もう無理かなぁ?一生こうかなぁ?
 
自分でも半ば諦めかけた時です。
一通のメールが私を呼び覚ましてくれました。
知り合いのバーテンダーさんの一言です。
 
「MASACOさん、リハビリどうですか?

スペイン語でちょっとずつって何て言うかしってます?
『ぽこあぽこ』っていうんですよ?

なんか可愛くないですか?

『ぽこあぽこ』で行きましょう^^」
 
読んだ瞬間、涙が出て止まりませんでした。
そっか!ちょっとずつ!!
 
これが『鍵』だったんです。
この病気は明日明日、一気に良くはならないですが
ちょっとずつしか良くはならないですが
ちょっとずつ『なら』良くなっていくんです!!
 
ここから私のリハビリが変わりました。もう悪魔の声は聞こえません(笑)
昨日より1歩前に進めたら今日は成功!(*'▽')
昨日より1ミリ長く線が引けたなら今日は成功‼(*´▽`*)
 
なんだ。。。それでいいんだ( ;∀;)
簡単じゃないですが、これなら難しくはない!
 
そこから一気に私のリハビリの成果が進みました。
先生からも「どうしたの?みるみる良くなってるじゃん!」
と言ってもらえました(*^^)vピース
 
今まさにリハビリが進まずに悩んでる皆さま・・・
キーワードは『ぽこ あ ぽこ』
昨日より一歩前に進めたら成功!
昨日より1ミリ線を書けたら成功!!
 
を積み重ねてみて下さい。その一歩が、その1ミリが、
未来へつながってます(^◇^)
 
本日もお読みくださり感謝いたしますm(__)m有難うございます。
次回は「脳梗塞の前兆はあったのか?」というお話です。

またまた、お付き合い願います。m(_ _)m

入院中、このお箸に助けられました。まだ右手が使えない人にはお勧めですよ!
右手用、左手用もあります。


もし、もう貴方が効き手が使えるのなら、塗り絵は最高のリハビリになりますよ(^^♪


theme : 医療・病気・治療
genre : 心と身体

masa-coの脳梗塞リハビリ記。その1。

あれは、忘れもしない4年ほど前の出来事でした。
 
12月、25日。
職場で急に、まるで後ろから大男が鈍器で思いっきり殴った様な頭痛に襲われました。
 
「うううっ!!ヽ(;゜;Д;゜;; )」
 
何が起きたのか分かりませんでした。
完全に死ぬと思いました。
 
頭を抱えてうずくまっていると、見かねた同僚が上司を呼んできてくれました。
 
上司は「ちょっと休憩室で休んで、もう今日はどうしても無理そうなら帰って良いよ。」
 
と言ってくれましたが、暫くその場を動けない私。。。
 
暫くして漸くその場をよろよろっと歩いて休憩室へ移動。
 
休憩室の3つほど繋がったベンチの所で横になり、更に暫くして、漸く上司に挨拶に生き、
 
自分でもこれはただ事じゃない!?
と、近くの病院に電話して、タクシーを捕まえ、移動しました。 
 
着くやいなや、看護師さんに「さっき、鈍器で殴られたかと思うほどの頭痛に襲われ。。。」と話ながら座り込むと
 
看護師さん、直ぐに「大丈夫?立てる?」と言いながら車椅子を用意してくれて、直ぐにベッドを用意してくれました。
 
先生も直ぐにCT撮ろう!
とCT室へ。
 
結果は何もないと言われ、頭痛薬を貰いました。その頃には少し痛みも治まっていた私。
 
一応、駐車場まで歩き、何とか運転するも、途中から、何故か視界が狭くなっていきます。 
 
帰宅してからも何だか手は痺れるわ、全く良くならない感じがずっとあり、
 
近くの救急病院へ。
 
脳梗塞の前兆は本で読んでいたため、念のために行こうと思ったからでした。
 
救急病院では、たまたま、担当医が脳外科医の先生でした。
 
念のためMRI撮ろうと言うことになりMRIを撮り
 
何もないとやはり帰されました。
 
次の日、仕事がたまたま休みだった私。
なんか、手が痺れる。。。
視界が狭い。。。
ろれつがまわら
 
全く良くならない。。。
 
そして、次の日にはもう、右手右足が全く動かず
ろれつがまわらない。。。
て言うか、本で読んだ通りじゃん(笑)
とか、思いながらも
 
救急車を呼んで貰い、再度あの救急病院へ。
 
MRIを撮り、首のエコーを撮って漸く分かった原因。
 
先生の一言。
「masa-coさん!分かりましたよ。脳梗塞でしたよー!」
 
あー、やっぱりそうだった。。。
そう思いながら意識が遠退いて行きました。。。
 
何故か天国のドアの前から戻され(笑)
 
気がつくとベッドの上でした。
 
気分が悪い
戻す。。。
誰も気がついてくれない
きつい
だるい
 
魂ここにあらずって感覚でしょうか。
頭が痛いのか?痛くないのか?
もう、よく分からないまま、ありったけの声で「うーっ!!」
 
って唸ってると看護師さんが気がついてくれました。
 
「吐くならこれに吐いて良いよ」
 
そう言って銀色の容器を持ってきてくれました。
 
それから、次の日の記憶があまり無いのですが、後から聞いた話では、
 
次の日、急に血圧が下がって、大急ぎでMRIの部屋に連れて行かれたんだそうです。
 
通常なら翌日からでもリハビリしなきゃいけないのだそうですが、なんせ、年末。
しかも不運なことにその日から年始9日までリハビリ室が空いてないと言う(;∀; )
 
リハビリの先生に言われました。
リハビリが遅れた事で、かなりの筋力が衰えてますので、
 
リハビリはかなり厳しくなりますよ。
でも、まだ若いんだから頑張りましょう!
今が耐え時です。
 
後で後悔しないためにも、今はきつくても頑張りましょう!
 
と。。。
 
最初のリハビリは、平行棒の間を、二人の先生に捕まえられながら、歩くこと6歩でダウンしたのを覚えています。
 
「先生、もう無理、きつい。。。」
 
ハァハァ、息切らしながら必死に訴えました。 
 
「始まったばかりですからね。また明日から頑張りましょう。」
 
 
さて、こんな私ですが、
今は走れますし、ぴょんぴょん飛べますし、パソコン打ちは前より早くなりましたし(笑)( ´∀`)
 
こんな悪条件が揃った中でも、諦めてはいけないって事を知りました( 〃▽〃)
 
さて、何をしたか?ってお話ですm(_ _)m
 
毎週水曜日はそんな私のリハビリ記(*´∇`)ノ

今、まさにリハビリ中の方。
諦めないでくださいm(_ _)m

私でも社会復帰が出来たのです(*´ー`*)
 
それと、じつは私、自分のリハビリも成功させたんですが、
 
別のとある人のリハビリも少し手伝って、その方も社会復帰してくれたんです(;∀; )
 
そんな話も交えて書いていきますね∩(´∀`∩)

今、リアルにリハビリ中で、悩まれてる方にちょっとでも元気と希望を取り戻して貰えたら嬉しいです。
 
宜しければお付き合いくださいm(_ _)m

そうそう、入院中、まだ右手が使えなかった頃、このお箸がとても役に立ってくれました。
右手用、左手用もあります(^^♪



聞き手がもしもう使えるのなら、リハビリには塗り絵が最適です(^^♪
こんなのどう~?

08 | 2018/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
国際薬膳師、永田雅子(masa)のプロフィール
こんにちは。国際薬膳師masaのblogへようこそ!!(^-^) 来て下さって有難うございます。感謝です<(_ _)>

masa-co

Author:masa-co
心と身体に優しい薬膳学の世界へようこそ~ヽ('ー`)ノ~

詳しいプロフィールはこちらへ



バナー 20070501090336.gif


カテゴリー
FC2カウンター










いつもありがとうございます♪
bana-sozai.gif
最近の記事
最新のコメント
最近のトラックバック
なつめ
話しかけてね♪
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
検索フォーム
人生が輝き出す名言集 第2章


presented by 地球の名言
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Pika_Mouse
powered by
3ET
ブログ内検索