-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-05-06 17:00 | カテゴリ:内部被ばくしにくい体作りをしよう!!
放射能対策レシピ!andぷち薬膳(^_-)

で内部被爆しにくいを作ろう~

第二段!!
第二段は私のお家芸(笑)(^0^;)


麻婆茸!!←またかい・・・(;´Д`)と言わず、お付き合い願います!!_(_^_)_

ポイントは、
基本的に麻婆春雨と同じソースで作ります・・・が!?
ここに豆味噌をplus!!(*´∀`)

ではではレシピ~!!

ネギ、にんにく、生姜のみじん切りを炒め、挽き肉炒めます。

醤油、黒糖、酒、豆板醤、
に【豆味噌】と【岩塩】
胡椒入れて、鶏ガラスープ(またはストック)を入れ、ひと煮立ちしたら

【エリンギ】と【シメジ】を入れてひと煮立ちさせます。

水溶き片栗粉でまとめて、火を止め、最後にごま油回しかけ【山椒】の粉をふって出来上がりです!!(^_-)
19208_774776872618847_2255225234281709083_n.jpg

もともと、麻婆豆腐に八丁味噌を使うアイディアは私が保育園給をやってたときに思いついたものです。

ある日、園長がなにを思いついたか!?大量の八丁味噌を園に持ってきたんです。。。(;´Д`)

それを消費するのに色々工夫してるときに『あっ!そうか!!甜麺醤の代わりに使えば良いんだ!!』と中華メニューの際に色々とやってみて、一番美味しい!!とみんなから評判頂いたのがこの『麻婆豆腐』でした。

甜麺醤は読んで字のごとく【小麦】の甘味噌ですが、それを八丁味噌に変える事であっさり、さっぱりと仕上がります( ´艸`)

そして、放射能対策の強い見方!!『豆』のお味噌でもあります!

では、内部被爆しにくくなると言われているポイント。

【豆味噌】
本によると、豆味噌は他の味噌よりも内部被爆しにくくなる品なのだそうです!(^O^)
私は100%豆と塩のみの豆味噌を使っています。

因みにお勧めの豆味噌はこれです!!



【岩塩】
FB友達の高木さんから習いました。
ミネラルが豊富な岩塩は放射能対策に効果があるそうです。

【茸類】
薬膳ではきのこ類は免疫力を高める効能があります(^_-)

【山椒粉】
薬膳では胃腸の消化を助け、胃を保護します。

今日も一歩ずつ、少しずつですが、つもりつもった時にはきっと、内部被爆しにくいになる!と信じて!!

今日も読んで頂きありがとうございます_(_^_)_感謝です。

お勧めの豆味噌はこちら!!三年熟成の豆味噌です!!(^^)/

スポンサーサイト
2015-05-02 17:00 | カテゴリ:内部被ばくしにくい体作りをしよう!!
放射能対策レシピandプチ薬膳

・・・と銘打ったものの・・・正直私は専門家でもなければ、実証も出来ない、立証も出来ない立場の人間です。。。

ですが、もう食材で被爆を避けられない時代になってしまった様に感じます。

九州に住んでるからとか、東北ではないからとか、そんなことはもう関係ない時代になってしまいました。

これだけ食品が流通していますし、一部情報によれば、日本の放射能基準値は今や世界の基準値の10倍から300倍のものもあるようです。またその検査項目から除外された食材も多く、スーパーやコンビニ、給食などで当たり前に使われているかもしれない時代です。

私たちができる事と言えば

「内部被ばくしにくい体を作る」

自分の身は、家族の身は自分で守る。。。それは最善の策ではないかと思う訳です。ただし、これを食べたら絶対内部被ばくしませんよなんて決して言えません。。。ごめんなさい。

食材事態が汚染されているかもしれないし、本当に私の知識は本で読んだことのあるものと言うだけで・・・。

ただ、長崎に原爆投下された時、そこから1,4キロしか離れていなかった病院で内部被ばくしにくくなると言われている食材を食べ続けたスタッフ、患者さんともに誰一人被ばくによって死亡しなかったと言う事実もあると本には書かれています。

この企画のコンセプトは

【ただやみくもに食べるくらいなら、内部被ばくしにくくなる食材を食べて放射能対策しましょう】

ってことで( ;∀;)

こんな情けない薬膳師ですみません。けど、それが今の私の精一杯です(笑) どなたか専門家の方がおられましたら、批評して頂きたいくらいです。。。(この食材は良いとか、これはダメだとか。。。)

正直、本当に私が勉強したいくらいなので(笑)
それを踏まえて読んでいただければ幸いです_(_^_)_

ただ、食材の力を私は信じています(^_-)-☆

一日、一日は目に見えないものですが、重なりあうとこんなにも恐ろしく、またこんなにも助けてくれるものは他にないと思っています。

1年、2年とたった時に自分の体が放射能に強い体にもし変わっていたら、、、放射能による病気のリスクが少しでも減っていたら・・・そうなれば良いな。そんな気持ちでつづっていきます。

また、『これを使うんだったらこんなレシピあるよー』とか、一緒にレシピ開発してくれる方がおられたら大歓迎です(^_-)-☆
本の知識にプラス薬膳を少しだけプラスして、且つ美味しければ言うこと無い(笑) 
どうせなら楽しんでやっていきます(笑)(^_-)-☆
よければお付き合い下さい_(._.)_ペコリン

さて栄えある(?)第一回目は
『コーンごはんの豆味噌焼きおにぎり茶漬け』です
長いなー(笑)

作り方
① 水に昆布を入れて2時間~一晩おいて昆布水を作る。

② ハトムギとお米を洗って昆布水で炊く。

③ コーンとしめじをそれぞれ茹でて、コーンは実だけにして二つをフードプロセッサーにかける。

④ 炊きあがったハトムギごはんに②を混ぜ込み、おにぎりを作る。

⑤ 豆味噌を醤油少々、みりん少々で伸ばして④に塗りトースターなどで焼く(好きな方は少しのバターを塗って一緒に焼くとより美味しく出来ます)

⑥ 残った昆布水を火にかけて沸騰寸前で昆布を取り出し、鰹節を入れて沸騰させ薄口醤油少々と味醂少々で味を調え薄めのお吸い物を作る。

⑦ 器に⑤を入れ上から⑥を注ぎねぎや三つ葉などをちらす。

無題


ではそれぞれの食材のご紹介!!(^_-)-☆

【豆味噌】本によると、豆味噌は放射能を取り込みにくい体に変えてくれるそうです。麦や米味噌よりも効果が高いと書いてありました。チェルノブイリでの原発事故では旧ソ連やヨーロッパ諸国で日本の豆味噌が沢山輸出されたそうです。豆味噌と言えばなんとなく中国や韓国のみそを想像しますが、日本にも『八丁味噌』がありますね(^_-)-☆

【昆布】本によると昆布は放射性ヨウ素の影響を受けにくい体にしてくれるそうです。

【コーン】薬膳ではコーンは体にたまった老廃物をおしっこにして出してくれる働きがあります。

【ハトムギ】コーンと同じですが、コーンよりも強く解毒効果があると言われています。

【バター】味の観点から少しだけ使いました。本によるとバターやチーズは精製する際にでるホエーとよばれるものが、放射性物質をかなり排出してくれる(96%以上)そうで、、、なんせ味噌との相性が良い!!ってことで(笑)。。。お好きな方はどうぞ(∩´∀`)∩

と。。。まあ、未熟ではありますし、まだまだ知識不足でもありますが。。。私が出来る事って言ったらこのくらいですが、今自分に出来ることを精一杯やっていきたいと思っています。

子供たちの未来は私たちが作ってあげないと・・・(^^)/

最後までお読み頂き有難うございます_(_^_)_感謝です。

因みにこの本を参考に書いています(^o^)/お勧めの本です。良かったら如何ですか~( *´艸`)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。