FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薬膳師会の会報誌に原稿を頼まれました。

国際薬膳師会の会報誌に原稿を依頼され書きました。

原稿は長いので会報誌ではかなりカットされると思いますが・・・(笑)




教室2周年達成!

私の薬膳との出会いは19歳のころでした。
ちょうどその頃は18で調理師免許を取得し保育園の臨時職員として給食調理師の仕事をしていました。
その日は市の衛生研修会で、昼食を出し終えた後、急いで市役所のホールへ。
内容と言えば、食中毒の種類と対処法の復習、市の栄養士さんのプリントとビデオ賞・・・と、変わり映えのしない内容で、目新しい情報もなく、ちょうど午後の日差が眠気を誘い、睡魔と闘っていた私はその授業の後にあった『家庭薬膳料理研家・陳好美先生の薬膳のお話』と言う内容にくぎずけになった思い出があります.

その日は主に五味、五性の話でしたが、食べ物に冷やすものと温めるものがあると言う話に衝撃を受けたのを覚えています。

20歳になり、別保育園で職員として働き始め、給料も安定していたし、その頃は少なからずボーナスもあり、心にも余裕があったのか、書店に行く度に『薬膳』と名のつく本を探していました。

あの頃・・・なんで薬膳をそんなに知りたかったのか・・・?今考えると、小さい頃から体がそんなに強い方ではなかった私・・・小さい頃は母が、「酵母をのみなさい」と言われてはたいして美味しくもない酵母を飲み、「炭酸飲料水は骨を溶かすから飲んじゃダメ」と言われ我が家の冷蔵庫には炭酸のペットボトルはありませんでした。あの頃はファミレスのコーンスープがおご馳走の様に私の眼にはキラキラと輝いて見えましたしハンバーガーはそれこそ子供たちのアイドル!
私にとっても憧れの的でしたし、他所の家に行き、3時のオヤツや炭酸飲料のペットボトルがあると子供心に羨ましく思ったものです。

電磁波を嫌う我が家の大蔵大臣(母)の意向で、未だに我が家には電子レンジがないのです。きっと、日本中探しても電子レンジの無い家なんて我が家くらいのものでしょう(笑)

それでも私には解決できなかった問題がありました。

それが「冷え」です。

私の冷え症はとにかく酷く、周りがびっくりするほどでした。それから生理痛や生理不順、特に高校生のころ酷かったのが自律神経失調・・・。アルバイト中、特別暑くもないのに大量の汗をかき、頭がぼーっとなったり、イライラしたり、月経が5カ月来ない時もあり・・・病院へ行くと『ホルモンバランスの異常ですね。それとあなたの子宮は閉経後の女性の子宮と同じ状態です。ホルモン剤出しましょう。それと毎日基礎体温つけてください。』と言われてしまいました。

17歳でこの診断は少しこたえましたね(笑)

ホルモン剤を飲んでいると今度は胸に腫瘍が生まれてしまいました。お風呂で体を洗っていると、なんだか胸にコリコリと
した感触を受けるのです。

検査した結果、私にできた腫瘍は葉状腫瘍と呼ばれるもので、医師からは「普通は30代過ぎの方に多いんだけどね・・・」と言われ組織検査も無く「良性か悪性かは分からないけど、まだ小さいし、多分問題は無いと思いますが・・・手術した方が早いよ?どうする?」「じゃあ、お願いします」ととんとん拍子に手術の日程も決まりました。「まぁ、切れば済む話よね」なんて個人的には全く落ち込んでいた訳でも無かったのですが、鍼灸師の父も在それを補佐している母も、二人とも元看護士で、私が胸の手術に落ち込んでいると思ったのか、家に帰ってから報告すると「ふーん。世の中、もっと酷い大病で苦しんでる人たちはいっぱいいる。お母さんたちはいっぱい見てきた。あんたはその位で済んで良かったじゃない?」と言うのが母の言葉でした。

切る・・・と言ってもほんの1センチくらい、切り目を入れて取りだす・・・と言った30分位で終わる短い手術でした。

・・・そう。あの頃の私は切って取りだせば病気は終わると思っていました。

冷え症は暖かくして、着込んで、ストーブやこたつ、電子カーペットがあれば良いし、運動してあったまれば良い。冷えるのは周囲が寒いから。
自律神経もホルモンの異常だからホルモン剤さえ飲んでたら良いんだ・・・としか考えていませんでした。
体の中が冷える、体の奥から冷える・・・なんて事、この頃の私は考えもしませんでした。

衣食住は人間の基本です。その食で冷えを体の中から作り出すなんて・・・!

母の食事が間違っていた訳じゃない、母には本当に感謝しっぱなしです。友人たちも皆言いますが、女性にとって母の存在はいつまで経っても尊敬する存在です。これは元々の体質や私生活、もちろん色んな要素が絡んでいました。だけど、薬膳と出会えた私は自ら体質を変えるチャンスを貰えたんじゃないか?と思えた
のかも知れません。

色んな薬膳の本を買いながら涼寒性の食材と温熱性の食材の区別を覚えていきました。なにより薬膳素人の私、この考え方が一番分かりやすく取り入れやすく、且つ一番実践に向いていました。

職場(保育園)でお母様方もですが、子供なのに冷え性の子が多いこと多いこと!職場でも、素人なりに「夏はかぼちゃを食べよう!」「冬に冷えたフルーツのジュースは控えよう」「秋(からの)なすび・・・うちの園じゃ出すまい!」・・・なんて(笑)

立てる献立にも、同じメニューの中でも季節によって中身の材料を変えたりしました。園の給食だよりにも少し薬膳の話を盛り込んで書いたりもしました。

アトピーの酷い子供さんの離乳食には国産干しシイタケと国産の木耳の戻し汁をスープに使い気を補う様に試してみました。ほぼ、半年間毎日そのスープを出し続けました。(たとえ効果は無くとも害にはならないし、大量に使うわけじゃな
いし、もちろん強くなりすぎないように、濃すぎない様に・・・と十分にそこら辺は配慮しました。)

余談ですが、そのお子さんは一年後、きれいにアトピーが治り、その時初めてお母様に「いや~実は・・・」なんて、そっとその話をすると「あら、そうなの!?じゃあmasa先生のおかげね」「どうかは分かりませんけど、ひょっとしたら椎茸と木耳もょっとは助けてくれたかもですね(笑)」なんて話をしたのを覚えています。(もちろん病院の治療や薬の成果でしょうし、ひょっとすると私の拙い補気スープがそれを後押ししたのかもしれません)

もちろん食材だけで病気が治る!なんて思ってはいません。けれど、食なくして体質改善なんて難しいのではないでしょうか?

病院の治療は大事です。当然、病気をしたら西洋医学、漢方、鍼灸、気孔治療など、絶対に必要な条件です。でも・・・『それだけ』の治療と『食事で後押し』した治療とでは、どちらがうまく治せるでしょうか・・・?いくら腕の良い医師でも、本人の食生活や睡眠などのプラスアルファがあるのと無いのとでは・・・?

そんな時こそ薬膳の出番ではないでしょうか?

健康な人は維持をするために。
未病の人にはそれ以上の悪化を防ぎ、健康に近づけるために。
病気になってしまったら治療を後押しするために。

もちろん食材です。薬じゃないので食べていきなり100にはなりません。
ですが、毎日プラス1・・・プラス2・・・と少しずつ良い方向へ変えて行くのが食の効作用なら、マイナス1・・・マイナス2・・・と続けて病気へ発展してしまう食の副作用もありますよね。
この効作用の連鎖を、しかも、いつも冷蔵庫の中にある身近な食材でできるならそのご家族の医療費が少しでも減って、浮いたお金で少しでも楽しみに使えるなら・・・

そんな教室ができたら・・・。

薬膳師を取ってからの私はいつしかそんな小さな夢を持つようになりました。
少し食べ物に気をつけていたら、いつの間にか私も冷えが昔ほど酷くなくなっていました。
今は昔に比べれば圧倒的に生理痛の回数も少ない。自分で実感出来ているから人にも進められる!

やっぱりやりたい!

そんな時にご縁あって、とある中国の友人の紹介で、『教室を後押ししてくださる方』と『教室を貸してくださる方』に出会いました。
思い続けた結果、素敵な方々と出会い、小さいけれど教室もさせて頂けるようになり、そして何より素敵な生徒さんたちと出会えました。

教室の名前はいくつか候補を出し、30人近く親友や友人、知り合いへメールをしてアンケートで聞いていきました。

『家庭で出来るプチ薬膳教室』
『季節の食材と薬膳教室』
『スーパーの食材だけ
でやってみよう!スーパーマーケット薬膳教室』
『みんなで考えて作ってみよう!食材薬膳研究所』

・・なんて、5つ出した候補の中で、圧倒的に「これなら習ってみたい!」とみんなが言ってくれた名前が

『冷蔵庫の中身で出来る薬膳教室』
でした。

「そんな身近なものでも薬膳って出来るの?何かもっと難しいものかと思ってた。」

「そんな身近なもので健康になれるならお金もかからなくて良いよね♪本当は無農薬とか自然食とか無添加調味料とか買いたいけど高くて手がでないし家計も圧迫するし・・・。」

そんな意見が相次ぎました。

確かに農薬無い方が良い。添加物も無い方が良い。自然食ならそれが良い・・・けれどまだまだ一般家庭には高嶺の花。

普通に売られている食材も『食材』として生まれてきた以上、パワー(気)があります.

いえ、逆に言えばパワー(気)が無かったら、その食材はその食材として育つことなど出来るはずがないのです。

その生命力を生命力ごと頂き、しかも『薬膳』と言う武器で体にプラスの使い方をすれば、少しづつでも続けていけば・・・。

そんなこんなでもう教室3年目・・・。生徒さんたちに甘えてばかり、教わってばかりです。

未熟な調理師で、未熟な薬膳師の挑戦も3年目に突入です。

今年の目標はそんな生徒さんたちに恩返しができる教室へ!『先生!腕上げたね!!』と言われたら合格点(笑)

未熟な私の挑戦はまだまだ続きます。

スポンサーサイト

theme : 自分らしく
genre : 心と身体

comment

管理者にだけ表示を許可する

点天さん、コメントありがとうございます(^-^)

点天さんいらっしゃいませ~。コメントありがとうございます!!

ブログお引越し♪知ってました。

[壁]∀・)チラッ とお邪魔して

[壁]m`)ムフッ ってなって

[壁]ω´・)ジィ~ と呼んで

[壁]。 ・ω・))フムフム とうなずいて

[壁]-~)ノ~~ マタネ~ と読み逃げを・・・。


↑↑↑制作時間約13分・・・。アナログ人間はつらい・・・。

ツイッター酸化・・・じゃなかった・・・参加させて下さい(^◇^)楽しそうです~!!

是非お邪魔させて頂きま~す!!

お久しぶりです★

ご活躍のようですね!!
ブログ引っ越しました。
url貼っておきました。
ちなみにmasaさんはtwitterはされませんか?
よければまたやりましょ★
harikyu01のアカウントで展開中です。
masaさんがいれば百人力。
ま、暇な時に(笑)

mamanさんいらっしゃいませ~(^◇^)コメントありがとうございます!!

いえいえ忘れている訳ないですよ~ぅ(T_T)リンク!!有難うございます!!まいどあり!!です(?)

こちらは九州の方ですが、ここ3日くらい小さな地震がほんの一瞬あってたりもします汗

たったそれだけでもびくっとして怖いので、やはり震度7とかは、とかく想像できないですね~(>_<)
も~本当に一日も早い復興を願ってやみません。

こちらに住んでると節電すら意味がないそうで、私たちに出来る唯一の募金を少しでもやっていく事しかできませんv-356

偽善者扱いする人たちも中にはいるそうです。けど、たとえそう思われても、なら、ならないよりなった方が結果的に少しでもお役に立てる訳で。。。

300円あれば一人の方の一日分の炊き出しのご飯代になるとか。
かいものしたついでに、募金箱あって小銭があれば、三枚!!と思ってます。

加油!!日本!!
みんなで頑張りましょう!!

お久し振りです
忘れられちゃう・・・   ちょっと焦ってる婆ちゃんです
震災以降、何だかお声を掛けられなくて(みなさんに)・・・・・
もし被災されている方が居られたらどうしよう・・・とか思うと、     
 ひと言ひと言が無責任な言葉になるような気持ちになっていました

何だかんだ言って・・・
「薬膳deからだにe-Kitchen!」リンクさせていただいてるつもり・・・
出来てない!?   させてもらってもいいですか?  させていただきます!
長ぁ~いの読ませてもらうの大好き!
masaさんの性別も今日判明したし、
我が子年代であろうmasaさんの活躍が日々楽しみです

のりたまさんありがとうございます!

こんにちは。コメントありがとうございます!!(^◇^)

うんうん。のりたまさんは主婦の強ーい味方!!の薬膳師!

私は・・・まだまだ、方向性が定まらない放浪人の薬膳師です(笑)やりたい事は随分絞れてきましたけど・・・自分に合うものが正直、まだ解らず手探り状態でやってます。

ただ、『生徒さんに喜んでもらえ(楽しんでもらえ)て、生徒さんご家族の健康に一役買える薬膳教室をする!!』だけは一貫して挑戦しているつもりです(^-^)

自分から種をまき続けていけば、必ずどっかで良い芽が出ますよね(^_-)-☆お互い頑張りましょう!!いつか熊本にも遊びに来られて下さいね(^◇^)

薬膳教室、2周年、おめでとうございます!
masaさんのこの原稿が多くの人に読まれること、薬膳の幅が広がることが、なによりのお祝いですね~v-353

大学に行って思ったのは、いろんな資格や特技を持った人がいる。
その人の特性を生かした形で、中医学や薬膳を伝えて行けたら、いろんな切り口があった面白いしなにより為になると思いました。

薬剤師さんには薬剤師さんの、お医者さんにはお医者さんの、鍼灸師さんには鍼灸師さんの切り口がある。
調理師である,masaさんだからこそ、伝えられる薬膳があると思います。
ワタシも、ママだからこそ伝えられる薬膳がある。

お互い、明日は、今日より少しでも元気になることを信じて、
これからもがんばっていきましょうねv-392
02 | 2019/03 | 04
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
国際薬膳師、永田雅子(masa)のプロフィール
こんにちは。国際薬膳師masaのblogへようこそ!!(^-^) 来て下さって有難うございます。感謝です<(_ _)>

masa-co

Author:masa-co
心と身体に優しい薬膳学の世界へようこそ~ヽ('ー`)ノ~

詳しいプロフィールはこちらへ



バナー 20070501090336.gif


カテゴリー
FC2カウンター










いつもありがとうございます♪
bana-sozai.gif
最近の記事
最新のコメント
最近のトラックバック
なつめ
話しかけてね♪
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
検索フォーム
人生が輝き出す名言集 第2章


presented by 地球の名言
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Pika_Mouse
powered by
3ET
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。