FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妊婦サン!レバーの食べ過ぎ!ちょっと待って!(>_<)

よく、「妊婦さんの貧血にはレバーを」と言う言葉を耳にします。

確かに。

薬膳学的に言えば、『肝機能を助け、血を補充して、結果、目の機能も助ける』

と言っているし

栄養学的に言っても『レバーは『鉄分』を豊富に含んでいるから貧血に良いんだよ~♪』

と言っています。


でも、近年、『妊婦さんのレバー食べ過ぎ!ちょっと待った!(>_<)』と言われる様になりました。


このお話をして下さったのは『昭和薬科大学 田代眞一教授』です。

田代教授が全国で講演をされて、今では東京、大阪、京都等の産婦人科でのレバーの使用量が減らされているそうです。今日は田代教授のお話を思い出しながら書いてみようと思います。



栄養学では『妊娠中の妊婦さんは血が薄まりやすく、貧血傾向にある事が多い→そこで貧血傾向の妊婦さんには鉄分の多い『レバー』を食事療法に取り入れがちなのです…がΣ(;`・ω・)っ))

レバーは確かに鉄分が多い…けれども、それ以上に『ビタミンA』が多い…いや、多すぎるんです。

(私は保育園の給食現場にいた頃、年に2回、一週間分の栄養計算を市に提出しなくてはいけませんでした。その時、市の定めた量の鉄分を補給するためにレバーは必ず使うのですが、こうなると問題なのがそのレバーの持っているビタミンAの補給率が市の定めた規定を遥かにオーバーしすぎる傾向にあり、献立を随分悩んだ記憶があります。)

『ビタミンA』と言うのは脂溶性ビタミン、ある程度は体に必要、でも取りすぎると尿として排出されない為、体にたまりやすく、これが実は『胎児の奇形』に影響を及ぼしてしまうんじゃないか…(>_<)と田代教授はおっしゃっていました。レバーを沢山食べた妊婦のネズミさん達…レバーを全く食べなかった妊婦のネズミさん達に比べ『奇形児の確率が10~30%増えている』と言う事例もあるんだそうです。

まだ因果関係がはっきりした訳じゃありませんが、考えてみれば『レバー』は『肝臓』ですネ。肝臓は体中の解毒ろ過装置があって、ビタミンAや鉄分等の栄養分以外に動物の『毒素』が体に流れでない様に働いている部所でもあります。

私は本屋さんに行ったらよく妊婦さん様の雑誌なんかを立ち読みしてみるのですが、お料理コーナーには『美味しく食べれるレバー料理コーナー』が載っている事が多いですが…。これ…どうなんだろう…?って思います。

では、ここからは田代教授のお話をうけて、私が東洋医学からレバーの食べ方や妊婦さんとレバーについて考えてみました。

あくまで私の考えですが…m(__)m

薬膳学的に色々と考えてみたら『レバー』を『特に沢山取らない方が良い妊婦サンの体質やタイプがある』んじゃないか?と思うんです。

例えばこんなタイプの妊婦サン。



顔色や唇の色がが赤黒くしみ、そばかすが多い
目がよく充血している
食欲が普段から旺盛
肩が懲りやすい
あまり風邪をひかない
ちょっと血圧が高くイライラぎみ
のぼせ、ほてり(とくに頭や顔がほてる)が多い
動悸や不整脈がある
普段の生理の経血の色が赤黒い


普段こんな傾向にあるタイプの女性の妊婦サンには特にレバーは控えてほしい…(>_<)と私は思います。

じゃあ、レバーに頼らない妊婦さんの食養生を考えなくちゃいけませんネ♪

例えば、韓国の妊婦さんの食養生はなんと言っても『ワカメスープ!』ワカメを食べると綺麗な子供ちゃんが生まれてくる…のだそうで…(*´`*)妊婦さんはお姑サンから嫌と言うほどワカメスープを食べさせられるのだ…とか。

薬膳から見るとワカメは『体の中の痰を取り除き水の代謝をよくする』ので、赤ちゃんの暮らす羊水を綺麗か環境にしてあげようと言う考え方なのかな…?と思います。ただしワカメは体を冷やします。冷え症サンは多食に注意して下さいネ♪

中国の妊婦サンによく使われるのが『葡萄』です。ぶどうは『血や気力を補い、強壮作用もある為、安胎に良い、むくみも改善してくれる為、むくみのある妊婦さんにも良い』とされます。

日本では昔から大豆や大豆製品を使われていました(*^ー^)ノ

レバー以外でも血を補ってくれる食材達が沢山あります。それはこちら♪

人参、ほうれん草、落花生、ブドウ、たこ、イカ等です。


後は海藻類で水の代謝を、そして、適度に大豆製品(大豆は妊娠中毒症予防に使われる食材)も取ってあげましょう(^ー^)ノ♪

こんな食材達を上手に活かしてあげて下さいネ(^_-)-☆



さて、なんだかまるで『レバー』や『ビタミンA』がさも悪役の様に書いてしまいましたが…f^_^;あくまで『妊婦さん以外では』レバーはそれほど問題にならない、むしろ貧血傾向にあれば『たまに』『適量』なら食べてほしい食材。ビタミンAも抗癌作用があるため、大切な栄養分です。でもレバーは肝臓だから毒素も持ってるカモ…( ̄~ ̄)ξ

なら、『調理方法』と『食べ合わせ』を最後にちょっとダケ(*^ー^)ノ

まず、『よ~く洗う』または『一度湯がいて湯がいた水を捨ててから』の調理をしてはどうでしょう~?ここで『毒素』があるのならある程度流れ出て行ってくれるのではないでしょうかo(^-^)o♪

あと、薬膳では『レバーとの相性の悪い食材』があります。

それが『生姜』と『酢』

酢は何故か?解りません(T-T)ごめんなさい。

生姜は食べすぎると目の充血を促進する為、レバーと食べ合わせると、充血を促進しすぎてしまう為…?かな?(f^_^;アレ?)と思っています。(こんな薬膳師でごめんなさい!(>_<))

これは私の課題です。もう少し勉強して、解ったらまた書きますネ(^_-)-☆

でも何の意味もなく言われているとは思いません。この組み合わせ(レバー料理の時の生姜の使いすぎ)は注意して下さいネ♪
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

こっこさんいらっしゃいませ(^o^)/来て下さって有難うございます(^-^)

リンクもちろんです。こちらこそどうぞ宜しくお願いします(^◇^)

また行きますね。こちらにも遊びにお越しくださいm(__)mペコリン

こんにちは

masaさんこんにちは。

レバーのお話,わかめの話・・ためになりますわぁ・・
良い事聞いちゃった☆ありがとうございます。
これからも,こちらのブログにお世話になりそう
なので,リンクさせてもらっても構わないでしょうか?(*^_^*)V宜しくお願いします。

又 寄らせてもらいますね☆
              こっこ

ありがとうございます(*^ー^)ノ

冬茜さんいらっしゃいませ~♪コメントありがとうございます(*^ー^)ノ

食べ物にも、良い作用と副作用があります。それはその食材の性質ですネ♪

例えばワカメは冷やす性質が強いので、のぼせやほてりの多い方には良い、でも冷えの強い人には余計冷やしてしまいます(>_<)と、人によって良い作用になったり副作用になったりしてしまうんですネf^_^;

でも水の代謝もよくするワカメです。冷え症の妊婦さんには是非〔暖かい調理法〕と〔温める食材〕これが食材処方だと思っています。(^_-)-☆例えば温かいスープに胃腸の調子を調え温める性質の山椒粉を入れる…とかですネ♪

いつもありがとうございます(*^ー^)ノ本当にコメント有り難いんですm(__)m私は頂くコメントに支えられてblog続けていけています。感謝ですm(__)m

私も妊婦の時は貧血でした。
レバーが良いと言われても毎日食べられるものではなく、たま~に食べていましたが。。。
食べ過ぎも怖いのですね。それに生姜の相性が悪いのですか。
わかめは健康によい食材なんですね。毎日採ってもいいようですね。(* ^-^)ノ
知らないことが多いなあと実感しました。感謝!!

ありがとうございます(^ー^)ノ

のりたまさんいらっしゃいませ~♪コメントありがとうございます(^ー^)ノ

そうだったんですね…(>_<)大変な思いされたんですね…。妊娠経験の無い私がこんな記事書くの…本当はどうなんだろう…と思いながら書いたんですが…。(本当はのりたまサンの様な方が書かれた方が良いとおもうんですけど…私が書いても説得力がないと言うか…。(>_<))

実は前から不妊症薬膳や妊婦さん様薬膳の食養生を色んな方々から聞かれ、その度に調べたり勉強したりしながら伝えていったりしてたんですが、意外に薬膳の本や教科書ってそこらへんはあんまり載ってないΣ(;`・ω・)っ))あれ!?なんで!?って…。中医婦科の本を開くと生薬、漢方は載ってても食材があまり載ってないし…で、私自身まだまだ勉強不足で書けなかった所で、田代先生のお話と共に色んな分野から見付けたり探したりしながら自分なりに考えたりまとめたりしてみたんですが…f^_^;


まだまだでした…ミ(;_ _)_修行不足!ゴメンナサイ!

私の父は鍼灸師で、つわりのひどい妊婦さんやこのままだと逆子カモ(>_<)と言う妊婦サンがよく治療に来られます。皆さんつわりが無くなったり逆子の位置が元に戻ったりして安産です。そんな時の鍼灸は本当によく効きますょ(^_-)-☆

のりたまさんはそんな方々の為の薬膳を是非!(^ー^)ノ特に辛い思いをされてる妊婦さんの気持ちが解られるのだから私なんかよりずっと説得力があると私は思います(^_-)-☆頑張っていきましょう!

子供ちゃん達は大丈夫(^_-)-☆何億個の周りの精子とのレースに物凄い旅を経て勝利してお母さんの卵子にたどり着いて生まれて来てくれたんですから!(^^)!生まれて来れたと言うだけ、そして今現在も生かされていると言いだけ、人間は本来強い生き物だと私は思います(^_-)-☆子供さんの生命力を信じて、後天で補っていけば良いんです♪

masaさんこんばんは!
妊婦って、たくさん血を消耗するから、もともと血虚気味のワタシは、当然、病院から鉄剤を処方されてましたv-393
ワタシはつわりがひどく、上の子のときには、7㎏やせ、下の子の時には5㎏やせ、特に下の子のときは最後まで、りんごとポカリスエットしか食べられませんでしたv-356
(それだって、食べると吐くけど、吐いた後味がスッキリしてるの 汚い話で失礼!v-393
がりがりにやせて、人間の骨格ってこうなってるんだな~と思うくらい骨が出る出るv-356
血だけでなく、気も水もたりないのに、処方されるのは鉄剤だけ・・・薬膳を勉強した今となっては不思議です。
今、勉強してみると、つわりにいい食べ物もあるから実験したいと思うけど、いいお年になってしまったので、そんな命がけの実験はできません(ホントに命がけです 笑)

当然、レバーも食べられるわけもなかったのですが、友達の妊婦になにを食べたらいいか聞かれたら、このブログを紹介しますねv-392


そんな命がけで生んだ子は、先天の気が足りなかったのでしょうか、病気がちv-393
そろそろ夏休みになります。勉強も夜にコソコソやらなくてはいけずに、大変ですが、masaさんのお友達の言葉、励みになります!
そう、ワタシは、この子達のために、それから、ワタシと同じように病気の子を抱えるお母さんのために薬膳を始めたんだな~と改めて認識することができました!
いつも、パワーをありがとうございますv-392
02 | 2019/03 | 04
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
国際薬膳師、永田雅子(masa)のプロフィール
こんにちは。国際薬膳師masaのblogへようこそ!!(^-^) 来て下さって有難うございます。感謝です<(_ _)>

masa-co

Author:masa-co
心と身体に優しい薬膳学の世界へようこそ~ヽ('ー`)ノ~

詳しいプロフィールはこちらへ



バナー 20070501090336.gif


カテゴリー
FC2カウンター










いつもありがとうございます♪
bana-sozai.gif
最近の記事
最新のコメント
最近のトラックバック
なつめ
話しかけてね♪
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
検索フォーム
人生が輝き出す名言集 第2章


presented by 地球の名言
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Pika_Mouse
powered by
3ET
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。